大人にきびQ&A

便秘とにきび

便秘が原因でにきびが出来るということをご存知でしょうか?にきびが出来るけど便秘が原因だと思っている人は少ないかも知れませんが、便秘になることで体の中の活性酸素が増えてしまってにきびが出来やすい環境につながります。便秘になってしまうと、腸に負担もかかりますから、毒素が血液の中に流れ込み、肌あれになったりにきびが出来る原因にもなるのです。便秘は軽く見ている人も多いかもしれませんが、実際には、体全体の代謝を悪くしている原因にもつながりますから、便秘を予防しなければ体全体に不調をきたしてにきびも出来やすい環境になるのです。女性の中で便秘にも悩みつつにきびにも悩んでいる人が多いかもしれませんが、これは便秘が原因でにきびが出来ているかもしれませんから、にきびが出来やすい人は、できるだけ便秘にならないように注意する必要があります。 便秘になりそうでストレスがたまり、食生活の乱れている人などは、にきびが出来やすい体質といってもいいと思いますから、ストレスを程よく解消しながら、便秘の解消も行って、にきびが出来にくい環境を常に作っておく必要があるのではないでしょうか。にきびが出来やすい人ほど便秘の人は多いといわれていますから十分気をつけましょう。

大人にきびの最新情報

にきびと紫外線

にきびにとって紫外線は大敵だといわれています。紫外線はビタミン類を壊してしまいますからにきびが出来やすい状態になって今いますし、毛穴が詰まってしまうことにもなってにきびに直接関わってきます。にきびには紫外線は大敵ですが、どうやって紫外線を愛策したらいいのかというと、にきびに悪い影響を与える紫外線を出来るだけ受けないことです。朝の10時ごろから夕方の4時ごろまでは紫外線が強いですから外出しないようにして外出する際は日傘をさしたり、帽子をかぶるようにします。そして日焼け止めクリームを塗ってにきびに悪い影響を与える紫外線を予防しましょう。

またにきびにならないためにも、紫外線を浴びてしまったと思ったら出来るだけビタミンやたんぱく質をサプリメントでも食品からでもいいですから大目に摂取して皮膚の抵抗力を衰えさせないようにも気をつけましょう。にきび跡にも紫外線をあびると色素沈着してしまうとも言われていますから、出来るだけにきび跡がある人は紫外線を浴びないように気をつけたほうがいいですね。にきびと紫外線、直接目に見えて悪いような気がしませんが、にきびにとって紫外線はとても悪影響を与えますし、症状を悪化させてしまいますから気をつけましょう。

にきびと水分

にきびの人は水分摂取を心がけることでにきびが改善されるといわれています。なぜ水分摂取がにきびに効果的なのでしょうか。にきびに水分摂取が効果的な理由というのは水分を沢山体内に取り入れると、尿や汗がたくさん出ますから体の中にたまっていた老廃物を体の外に出してくれます。それによって体や顔に老廃物が溜まりにくく、にきびが出来にくくなるということになります。そして水分摂取をするということは他にも、便秘の解消にもなります。便秘では消化されたものが体の中にいつまでもたまっていて有害物質を出す原因になります。有害物質は腸で吸収されるとにきびを悪化させることになるとも言われていますから便秘はにきびには良くないのです。

ですから水分摂取を沢山することで便秘の解消にもなり、にきびを改善するわけです。大体どれくらいの水を摂取すればにきびに効果があるのかというと、大体1日に2リットルくらい飲むのが理想と言われています。水分は飲み続ければ飲むほどにきびが改善されるそうですから頑張って飲みましょう。水分摂取はこのように体全体を健康にしてくれる働きがあります。にきびにも便秘にも効果があるので女性の悩みを解決してくれる一つの方法です。

にきびとタバコ

にきびとタバコはとても関係しているってご存知でしょうか。思春期でにきびに悩んでいる人はきっとタバコとは無関係だと思いますかが、大人にきびに悩んでいる人でタバコを吸っている人は関係があります。タバコの煙というのは血管を収縮して酸素が体内に送られにくくなってしまいます。それによって血の巡りが悪くなって、それは体だけでなく顔にも表れて顔の新陳代謝が悪いためににきびが出来るといわれています。また他にも、タバコというのはビタミンCを大量に体の中で消費してしまいます。このビタミンChaにきびなどの跡や色素の沈着を防ぐ働きをしているので、タバコを吸ってしまうためににきびやにきび跡の色素沈着がひどくなってしまいます。

タバコを吸う人はお酒を一緒に飲む人が多いのですが、タバコを吸いながらのお酒は一番肌にとってはよくありませんし、にきびを作ってしまう原因になります。にきびを作ったり、にきびを悪化させる原因になるので、にきびが出来やすい体質の人やにきびが出来ている人は、タバコもお酒も控えるようにしなければいけませんね。普段両方すったり飲んだりしている人は試しに一度両方をやめてみてください。きっとにきびの出来ない綺麗で健康的な肌に生まれ変わります。

にきびとVビームレーザー

にきびの治療方法に、Vビームレーザーと呼ばれる治療方法がありますが、このにきび治療のVビームレーザーというのは、赤い色に反応する色素レーザーの一つです。皮膚がにきびによってあかっくなっている原因になる毛細血管をこのレーザーによって壊すことで、赤ら顔や血管が拡張している症状にも効果があらわれますし、他にも、にきびやにきび跡の赤い色の皮膚の改善、治療にも使われるレーザーです。にきび治療に使うレーザーの照射を抑えることで、皮膚上層を刺激することでコラーゲンが生まれます。コラーゲンが新しく生まれたことによってにきびやにきび跡の凹みなどを治療改善する力があるといわれています。

にきび治療のレーザーを使ったものは痛みを伴うのではないかと心配になる人も中にはいるかもしれませんが、このにきび治療のレーザー治療では冷却装置を使っていて、レーザーで照射するときの痛みをやわらげてくれる効果がありますから痛みはましなんだそうです。全く痛みは無いということではなくて痛みは少ないといえるでしょう。にきび治療にはレーザーのものが一般的で色々と種類がありますが比較的このにきび治療おVビームレーザーの場合は赤いにきびの症状に効果があるといわれています。

にきびとクリアタッチ

にきびの治療方法にクリアタッチと呼ばれるレーザー治療の方法があります。このにきび治療のクリアタッチレーザーではにきびの原因になっているアクネ菌を生むといわれているポルフィリンという化学物質に反応するために、少しのレーザー照射でも活性酸素が発生してにきびの元になっているアクネ菌を殺すことが出来るというものです。にきびの発生自体を防いでくれるレーザー治療になりますね。にきび治療のクリアタッチの青い色の光というのは活性酸素を誘導して、にきびの元になっているアクネ菌を殺菌してくれます。赤い色はにきびの症状の一つである赤みや他にも炎症などを抑えてくれますし、局部的な熱を使ってアクネ菌を殺菌する効果があります。

にきび治療のクリアタッチレーザーはクールタッチレザーというにきびの治療方法がありますが、これと同じように表皮を傷つけずににきびの治療をすることが出来ますし、今までにきびに悩んでいる人で重症だった人にも効果があります。また顔のにきびだけでなく、胸や背中のにきびにも効果的だということです。なかなか顔のレーザー治療のように狭い範囲で治療はあっても、広い範囲のにきびの治療は少ないので背中などのにきび治療にはクリアタッチがいいかもしれません。

にきびとクールタッチレーザー

にきびの治療ではレーザー治療が一般的ですがレーザー治療といっても色々な種類のレーザー治療があります。にきびの治療のクールタッチレーザーというのは、真皮の上の部分の繊維芽細胞を刺激してそれによってコラーゲンを作ってにきびやにきび跡、しわを改善させるというレーザーの治療方法です。にきび治療のクールタッチレーザーは冷却装置をつけたことで、今までのレーザー治療のように表皮を熱で焼いて傷つけるということがなくなりましたから、CO2レーザーのように、術後1-2ヶ月ほてりや赤みが続くなどといったダウンタイムと呼ばれる期間がありません。

にきび治療のクールタッチレーザーという治療はダウンタイムがないために、誰でも治療できて、しかも、にきび治療をしてきたということを見てわかりませんから知られることなく出来るんですね。にきび治療をしたことがわかられないのは嬉しいと思います。また、料金の面でも、他のにきび治療のレーザー治療と比べると安いですが、にきび治療の効果は一度レーザー治療を受けただけでは効果があらわれませんから何度も受ける必要があるにきび治療のひとつです。しかし安いのと、にきび治療を受けた後が全く残らないことで何度もうけられるのがうれしいですね。

にきびとco2レーザー

にきびの治療方法でco2レーザー治療と呼ばれる治療方法があります。これは一般的なにきびのレーザー治療のひとつで、にきび跡のレーザー治療のさきがけだったとも言われています。CO2レーザーというのは水に反応するという赤外線をあてて熱エネルギーを換えます。そしてそれによって皮膚を焼くことでメスでにきびを治療するよりも出血量も少なくてレーザーメスの一つとして使われているのだそうです。これによってにきびの治療を行っている美容外科は多いようです。

にきびの治療だけでなく、にきび跡やほくろ、シミやしわなどの治療にも使われている方法です。にきびの治療としてCO2レーザーを受けた後はすこし皮膚がほてったり赤い感じが残ってしまう期間が大体1ヶ月から2ヶ月くらいあるといわれています。にきびの症状を改善させようと思っている人は一度では治療し切れませんから2-3回とかよってにきび治療のCO2レーザーを受ける必要があるようです。何度も通わなくてはいけないのは少しにきび治療としては時間がかかると思うかもしれませんが、数回通っただけで、にきび跡なども綺麗になるならいいと思います。CO2レーザーではにきびだけでなく頑固なにきび跡にも効果的です。

にきびと漢方薬

にきびに効果のある漢方薬についてですが、今の医療というのはにきびの治療でも他の病気でもほとんどの場合が西洋医学が主になっていますが、にきびというのは体質によって大きく差が出てきます。にきびは根本的には体質を見直さないと治療しても意味がありませんから、にきびは体質改善にとても効果があるといわれている漢方薬が効果的だといわれています。にきびに効果があらわれるといわれている漢方をここではいくつか紹介したいと思います。  まずは荊芥連翹湯と呼ばれる漢方です。これは若い人に特に効果があるといわれていてからだの中の熱を冷ます効果もありますし、血液の流れをよくしてくれるんだそうです。ですからにきびを体の中から綺麗にしたい人にはおすすめの漢方薬です。他にも、にきびに効果のある漢方薬としては暴風通聖散と呼ばれる漢方薬があります。これは体の中の熱を冷ましてくれますし、食べ過ぎでにきびができている場合に効果があるといわれています。そして最後に、桂枝茯苓丸という漢方薬があるのですが、これはホルモンのバランスを安定させる働きがあるので、ホルモンのバランスが崩れたことでにきびが恵来ている人などにおすすめの漢方薬です。

タグ

にきびとハトムギ

にきびとハトムギについてですがハトムギと聞くとはと麦チャを想像する人も多いかもしれませんが、ハトムギというのはイネ科の植物で、一年中生成されます。鳩がよく食べるというところからハトムギという名前がついたのですが、本当の名前はヨクイニンと呼ばれる漢方薬にもなっている植物です。このハトムギがなぜにきびに効果があるのかというとにきびに効果のあるハトムギは肌の新陳代謝がよくなるといわれていますし、老廃物を排出する働き、そして炎症を抑える働きがあるといわれています。ですからにきびの炎症を抑えてにきびの原因になっている老廃物を体の外に出して、肌の新陳代謝を活発にしてくれますからにきび予防にもにきびの改善にも効果があるのです。  またにきびに効果のあるハトムギの中には、アレルギーを抑える働きもあるといわれていて肌荒れが何らかのアレルギーによっておきていてそれによってにきびが出来ているという場合にも、ハトムギは効果的なのです。ハトムギの効果的な摂取方法ですが、漢方薬としてハトムギを摂取する方法もありますし、はと麦茶を日ごろから飲んで肌の調子を整えてにきび予防にするという方法もあると思います。にきび予防にハトムギというのはあまり知られていませんが手軽に実践できそうですね。

タグ

にきびと姿勢

にきびと姿勢が密接な関係にあると言うことをご存知でしょうか。にきびには実は姿勢が関係しているといわれています。猫背で姿勢が悪い人というのは見た目が悪いということだけでなく、猫背で姿勢が悪いことによって内臓が圧迫されて血液の循環が悪くなってしまいます。そのことによって、内臓疾患、内臓に負担がかかって、にきびが出来てしまうといわれています。肌というのは内臓の状態をそのまま表す鏡とも言われています。ですから内蔵に負担がかかっていて弱っていたりするとにきびが出来やすくて、特に顔の中でも口の周りににきびが出来やすいといわれています。  姿勢を正して内臓の働き、血液の働きを正常にさせることによって肌の状態も正常化されて、にきびが改善されますし、日ごろから、姿勢を正していることによってにきび予防にもなるといわれています。にきびと姿勢、内臓はこのように密接な関係にありますからにきびが出来やすい体質の人は、少し姿勢にも気をつけるようにしてみるとにきびが改善されるかもしれません。にきびが改善されるとともに、内臓の負担もなくなりますから今まで内臓が弱くて胃腸に異常があった人というのも姿勢を正すだけで改善されます。